June 1, 2020

内覧会のお知らせです。
コロナ禍により今回はyou tubeに内覧動画をUPします !!!

重症心身障害者のデイサービス施設 
「デーセンター夢飛行」

身体的な障害とは別に、障害者に隔たる人間社会との障壁。それらの障壁をどう打破するか。
地域のランドマークである駅舎を巻き込み、地域と施設をシームレスにつなげる試みをしています。

6月8日(月)12:00よりyou tubeで配信開始します。
初の試みなので上手くできるか分かりませんが、
ぜひご視聴下さい😄

April 28, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=使いやすい素材編=
No.020[使いやすい漆喰]

漆喰の特徴はNo.010「磨き漆喰」でご紹介してますのでそちらご参照下さい。
漆喰は「呼吸」すると言われるほど、調湿性能に優れていて、経年も楽しめる、良い素材です。
だけど、お寺や数寄屋なんかのキッチリした建物で使われていて、手間と費用がかかる、

手の出しにくい素材というイメージも少なからずあります。
私が最近良く使わせてもらっているのが、プラネットジャパンさんの漆喰材料...

April 28, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=新建材編=
No.019[長尺シート]

摩耗に強く、店舗や公共施設など人がよく歩く場所に使用されるシート状床材。対薬品性があるものもあります。雨晒しの外部での使用に適しているので、最近ではマンションの共用廊下やバルコニーでは大体この長尺シートが使われています。
2枚目は「五条坂の家」のギャラリー棟の床です。
土足のまま利用する空間なので、耐久性のある長尺シートを使っています。
3枚目は「伏見稲荷のホテル」の共用廊下です。
...

April 28, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=新建材編=
No.018[人工大理石]

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、大理石の代用品としてキッチンや洗面台、風呂などに広く使われています。
最近ではキッチンの天板を選ぶ時に、ステンレスにしますか?それとも人大?と聞かれる程、メジャーな素材です。
ホンマもんの石をキッチン天板に使う時もあるんですがね。
2枚目は個人住宅のキッチンですが、天板が人工大理石で出来ています。
3枚目は「五条坂の家」の洗面...

April 28, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=新建材編=
No.017[ダイノックシート]


ダイノックシートは硬質塩ビタックシートで、粘着剤付きの印刷化粧フィルム。
住友3M社の商品です。
昨日ご紹介したメラミン化粧板は仕上の施された板でしたが、ダイノックは薄いフィルムなので、平滑な面なら色んな所に貼れます。
建具、建具枠、家具、壁面などなど。
石や木などに似せて、かなりリアルに作られているので、僕もたまーに本物と間違えます(笑)
2枚目は昨日紹介したオフィスのト...

April 28, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=新建材編=
No.016[メラミン化粧板]

メラミン化粧板は、簡単にいうと、耐久性のあるプラスチックの板材です。
「メラミン」とは「メラミン樹脂」のことです。
硬度が高く、耐熱性、耐水性、耐摩耗性に優れているのが特徴。
きずに強く焦げにくいので、キッチンの天板・家具などに多く使われます。
ちなみに家庭でお馴染み、掃除用スポンジの「激落ちくん」もメラミン樹脂を活用したスポンジだそうです。(豆知識でした)
メラミン化粧板...

April 22, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=変わった素材編=
No.015 [SOLIDO]


セメントの素材本来の自然の風合いをそのままに、時間と共に変化するサイディング。
サイディングはどちらかといえば、一定期間のメンテナンス性を重視した商品ですが、SOLIDOはそのサイディングの世界に一石を投じました。
メンテナンス性+デザイン性。
自然な風合いのサイディングというのはこれまでなかった思います。
最近ではスターバックスや国立競技場を設計した隈研吾さんも使われ...

April 22, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=変わった素材編=
No.014 [不燃の突き板]


火山性ガラス質複層板に天然木単板を張り合わせたもの。
不燃と言ってますが燃えます。笑
ただ、普通の木材とは違い、20分間燃え広がらずに火に耐える事ができます。なので火災のとき、中にいる人が避難する時間を稼ぐ事ができるのです。
大きい建物や特殊な建物には、この建築基準法でいう不燃性能が求められる事があります。
2枚目は新大阪の10階建のホテル「HARE新大阪」です。
エン...

April 22, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=変わった素材編=
No.013 [名栗の板]


名栗(なぐり)。
角材や板に「突き鑿(のみ)」や「釿(ちょうな)」などで独特の削り痕を残す日本古来からの加工技術。
日本建築の門扉や垣、濡縁などに使われ、特に数寄屋などでは欠かせない存在です。
きっこう、なしじ、りょうすい、スプーン、たちわき、など。
加工の仕方で模様も変わってきます。
そこがまた面白い。
2枚目は加工をしてる様子のイラスト。
撲るように板を削って行くのです...

April 19, 2020

30Days_Architecture Materials 
30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。 

=変わった素材編=
No.012 [ホワイトボードペイント]
ホワイトボードは学校や会議室で見かける馴染みの深いもの。

部屋の壁を自由に描いたり、消したりできるペイント、それがホワイトボードペイントです。
類似の商品でシートもあります。これも壁面にシートを貼るとホワイトボードに出来るのですが、

塗装との違いは継ぎ目があるかないかです。
壁面が大きくなると定尺シートは継ぎ目が等ピッチで出てくるのと、継ぎ目を重ねるので、その部分...

Please reload

Please reload