検索
  • kks1961

「橋」が架かるホテル in Kyoto


今日は京都の現場で定例会議でした^^

今回は長屋をホテルにリノベーションします。

一棟貸のこのホテルの定員は8名です。

1階はリビング、寝室(1室)、水廻り。

  寝室には介護ベッドが設置され、車椅子でも宿泊可。

2階は和室、洋室、トイレ

  洋室へは橋を渡っていきます。

このホテルの見せ場はなんといっても、長屋では珍しい大きい吹抜空間と、

その吹抜に架かる「橋」です。

そして中庭には「水鉢」があり、その水鉢を囲むようにベンチがあります。

ここは外部のリビングとして寛ぐ場所であり、宿泊客がお茶の作法などを

体験出来る場所として、使うことができます。

「橋」と「水」この2つがこのホテルのテーマです。

京都の代表的な名所の鴨川と、鴨川に架かる橋をイメージしてデザインしています。

クライアントの要望で吹抜けを作る事は最初に決まっていましたが、

その吹抜に橋を架け、しかも奥の部屋にはその橋を渡ってしかアクセスできない

動線計画としました。

少しの工夫で、宿泊の時間がより楽しい時間になると思います。

このホテルでは他にも楽しい工夫を沢山しているので、完成したらまたブログで

紹介しますね。

ではまた!

アリアナ三野でした。

はj


0回の閲覧