検索
  • kks1961

新大阪近郊のプロジェクト現場進捗


新大阪近郊で2つのプロジェクトが進行中です。

1つは9階建のオフィスビルのリニューアルに伴い、アリアナが共用部のデザインを担当しています。

古くなった設備配管や配線なども更新する大規模修繕工事です。

上階から解体工事が進んでいます。

解体後の感想は「すごい配線の量....」

建物って人に似てるよなって何時も思う。

構造体が「骨」なら、外壁は「肉や皮」、設備は「臓器や血管」みたいだなと。

特に解体すると、普段見えない配管や配線が山ほど出てきて、この設備たちが建物に命を吹き込んできたと言っても

いいんじゃないかな。

(空調や換気、照明に防災、給水、排水、ガスetc...)

古くなった設備たちにはお疲れ様と言って、これからまた建物が健康的なカラダになるため、工事は進みます。

人じゃ臓器を入れ替えるなんて簡単に出来ないけど、建物は構造体が元気なら、修繕することでまた機能する事ができる。

解体後の現場の様子。

電気配線が血管のように張り巡らされている。

2つ目は、専有面積90㎡の高級賃貸マンションのリノベーション工事のプロトタイプ。

こちらは間仕切りが大凡できてきました。

緑に溢れたルーフテラスと一体で使える広いリビングがこの部屋の特徴です。

リビング・ダイニング。

奥が寝室。左側のサッシの向こうがルーフテラス。

寝室からリビングを見る。


0回の閲覧