検索
  • kks1961

30Days_Architecture Materials No.011 [光触媒塗料]

30Days_Architecture Materials 30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。

=変わった素材編= No.011 [光触媒塗料] 光触媒とは、簡単に言えば汚れにくい塗料です。 例えば、外壁などに光触媒塗料を使った場合、太陽光が表面の汚れを分解してくれます。 その後、雨などで洗い流されるため、表面に汚れが残りにくく、長年綺麗な状態で建物を維持できます。 コストは普通の塗料に比べると割高です。 あと、10〜15年程度で光触媒の効果が薄れてくるので、塗替えてもらう必要があります。 2•3枚目は東山の分譲マンションのエントランスデザインです。 ツルッとした白い門型を提案しましたが、白は外壁に使うと汚れが目立ちやすいという欠点があるので、

光触媒塗料で仕上ました。 完成から3年程経ちますが、今でも綺麗なままです。 このプロジェクトではOPTIMUSさんの塗料を使っています。

ちなみに、余談ですがウチの事務所の壁もOPTIMUSさんの内装用塗料を使っています。 汚れが付きにくく、消臭効果もあります。 4枚目は建築中の「展望台の家」です。 2階の屋根と床のプレート部分の仕上が光触媒塗料です。 こちらは水谷ペイントさんのナノコンポジットを使っています。 白は汚れが目立つ、だから使わないではなく、こんな解決方法も一つじゃないですかね😄

3回の閲覧