検索
  • kks1961

30Days_Architecture Materials No.014 [不燃の突き板]

30Days_Architecture Materials 30日間限定で毎日1つ建築素材をご紹介しています。

=変わった素材編= No.014 [不燃の突き板]

火山性ガラス質複層板に天然木単板を張り合わせたもの。 不燃と言ってますが燃えます。笑 ただ、普通の木材とは違い、20分間燃え広がらずに火に耐える事ができます。なので火災のとき、中にいる人が避難する時間を稼ぐ事ができるのです。 大きい建物や特殊な建物には、この建築基準法でいう不燃性能が求められる事があります。 2枚目は新大阪の10階建のホテル「HARE新大阪」です。 エントランスの天井に不燃の突き板を使っています。 日本的なホテルをテーマにしているので、障子に合わせて天井に天然木を使いました。 HARE新大阪↓ https://hotelhare.jp/shinosaka/

3枚目は今建築中の障害者の施設です。 こちらはショップが併設されており、そこの天井を不燃の突き板で仕上げています。 コーヒーメーカーを置いて、近所の人が他に寄れる場所となるので、木を使うと落ち着きますね。 最近では天然木自体に不燃処理をして、同じように火に耐える事が出来るものも出来てきてます。 木も時代に合わせて進化してます。

3回の閲覧