「Lattice Screen ホテル」

2017/06/30

 

 

「Lattice Screen ホテル」

〜JAPANING HOTEL 伏見稲荷〜

 

 日本有数の観光地名所、伏見稲荷大社にアクセスの良い立地に建築された、新築ホテル。

敷地は東西に隣地、南北に前面道路が面している住居地域である。

住居地域内に建築する不特定の人が訪れるホテル。収益性は勿論のこと、近隣への配慮が重要な課題となった。

そこで、このホテルでは隣地側に設ける窓の数を最小限に抑え、共用廊下やバルコニーは近隣との緩衝材として格子のスクリーンで

覆う事で、外観デザインを完成させた。

格子はプライバシー性が高いほど、ピッチが細かくなる工夫がされている。

計画的に残された、建物以外の敷地内空間は緑地帯となり、宿泊客や近隣住民の目を楽しませる。

客室は使い勝手の良い、コンパクトな部屋が16室。

メゾネットタイプの部屋が1室用意されている。

経済原理の中、収益性以外にも目を向けることにより、住居地域との関係性を築くことができた。

 

 

所在地:京都府京都市

主要用途:簡易宿所

構造:S造/ 地上4階建

 

 

 

Please reload