障害者の支援施設

2019/05/08

こんばんわ。

アリアナ三野です。

しばらくブログをサボってました、すみません(笑)

 

新しいプロジェクトのご紹介です。

身体障害者の方々が日中を過ごすデイセンターの新築計画です。

この施設の利用者は重度の障害者です。

ほとんどの方が自身で自由に身体を動かす事が出来ません。

この施設は、そんなみなさんにとっての"家"として機能します。

 

 

このプロジェクトには、大きく3つのポイントがあります。

1)暮らしの提案

2)施設で働くスタッフの負担軽減 (こういう施設では、スタッフの腰痛が特に問題になっている)

3)街の人との交流が生まれるような、開けた施設である(クライアントの強い要望)

 

この3点をプランに盛り込みました。

道路に面してガラス張で開放されたパブリックな空間と、その奥に入居者の生活スペースを計画しています。

 

 

今、ちょうど「パーフェクトワールド」というドラマでも松坂桃李さんが障害をもち車椅子で生活する主人公を演じていますね。

僕も含めまだまだ健常者と障害者との溝のようなものが少なからずあるように思います。

障害者は囲われた場所(施設)で生活していて、なかなか僕たちの目に触れる機会が少ないのが、その溝のようなものを作っている

理由の一つではないかと思います。

なので、この施設では特に(3)のどのようにして街に開けた施設(家)にするのかが、一番のポイントになりそうです。

 

進捗はまたアップします。

 

mino

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload